2023-01

寿喜

一歳児と猫兄で膝の上が大渋滞?

退院直後のコンディション的に小倅の子守りを拒否し、それどころか“塩対応”を見せていた寿喜だが、ある場所で意図が分からない謎のアクションを見せ始めた。その本心たるや・・・・
3
真熊お出掛け

15歳のご長寿表彰とポメラニアン群衆|ポメフェス2022 Vol.8

11月13日のお話のつづき。参加した外部イベント『ポメラニアンフェスティバル2022』で「ご長寿表彰」を受けることになった真熊。その後は会場にいる全員での圧巻の集合写真に・・・・
4
真熊お出掛け

問題児なのにご長寿表彰?|ポメフェス2022 Vol.7

11月13日のお話のつづき。久しぶりの外部イベント『ポメラニアンフェスティバル2022』で、再びアクションを開始した我々一向。すると、イベント用ステージの壇上に似つかわしくない姿が・・・・
4
スポンサーリンク
寿喜

子守り完全拒否の猫兄と寂しい弟

尿毒症による緊急入院から退院し、小倅の子守りの再開を試みたものの「今は無理」だと痛感したらしい寿喜。それ以来、むしろ塩対応と呼べるほどの拒絶を見せるようになってしまった。
2
真熊お出掛け

眠くて仕方ないのに終わらない自撮り地獄|ポメフェス2022 Vol.6

11月13日のお話のつづき。久しぶりの外部イベント『ポメラニアンフェスティバル2022』で、フィールドをひと回りした真熊は強烈な睡魔に襲われ始めたが、そこにはまさかの地獄が・・・・
3
局長

自宅の建て替えプロローグ

自宅の建て替え計画が始まった我が家。そこに至る経緯をプロローグとして紹介。どういった理由から建て替えを計画したのか。この先にどういった生活が待っているのか・・・・などなど
6
寿喜

猫兄による子守りが再開?

尿毒症による緊急入院から退院して以来、初めて小倅の「柵」に飛び込んできた寿喜。入院前のルーティーンであった小倅の子守りの再開を試みたようだが、その結果は・・・・
3
真熊お出掛け

真熊の加齢を痛感|ポメフェス2022 Vol.5

11月13日のお話のつづき。むらもとくり坊ペアを伴ってやって来た『ポメラニアンフェスティバル2022』は、辺り一面ポメラニアンだらけだが、知り合いの子にはまったく会えなかった・・・・
3
闘病日記

復調の兆し? 数値上は絶好調|寿喜の定期検査の結果

12月27日に決行した3匹一斉の血液検査レポートの最終章。最後は寿喜編。尿毒症による9日間にわたる緊急入院から退院して一ヶ月と10日間が経過。週2回の点滴をつづけているが数値上の改善は見られるのか。
4
日常

退院直後の寿喜に寄り添う“犬猿の仲”のはずの三毛猫

寿喜が8泊におよぶ入院生活から退院して3日目。少しずつ入院前の生活に戻ろうとする寿喜だが、それ以上に大きな変化が起きていることに気付いた。意外過ぎて気付くまで時間を要したほど。
4
真熊お出掛け

犬用カートのトレンド?|ポメフェス2022 Vol.4

11月13日のお話のつづき。むらもとくり坊ペアを伴ってやって来た『ポメラニアンフェスティバル2022』。いざフィールド内を散策し始めると、声を掛けてきたポメラニアンたちが・・・・
4
日常

三毛猫の気まぐれに翻弄されるポメラニアン

「ポメラニアンフェスティバル」レポートをワンブレイクして、同じ時期の我が家で起きていた他愛もない出来事のお話を。気まぐれなメス猫に翻弄される優しいオスたち・・・・
3
真熊お出掛け

ポメラニアンフェスティバル2022

11月13日のお話のつづき。クリーム色のモフモフしたヤツと“夜の蝶”みたいな女性を伴ってやって来たのは『ポメラニアンフェスティバル2022』。久しぶりの外部イベント参加である。
8
真熊お出掛け

人とポメラニアンの渦の中へ

昨日のつづきで11月13日のお話。クリーム色のモフモフしたヤツと“夜の蝶”みたいな女性を拾って、ようやく目的地に到着。そこにはコロナ禍とは思えないほどの人とポメラニアンの群衆が・・・・
3
真熊お出掛け

クリーム色のモフモフしたヤツとある場所へ

11月13日、早朝から真熊を助手席に乗せて愛車を走らせていた俺。そこへ突然、クリーム色のモフモフしたヤツが乗り込んできた。コイツの招待と、我々の目的地は果たして・・・・
6
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました