2020-05

局長

『熊猫犬日記』連載10周年記念の宴 【長編】

『熊猫犬日記』が連載10周年を迎えた2019年8月、盟友“ブラザーK”から祝いの宴を持ち掛けられたのだが、そこには様々な仕込みが・・・・
7
日常

石像猫の災難

定位置であるPCチェアで気持ち良さそうに熟睡していた石像猫にいなだが、例によってワガママなツンデレ猫の稚葉が強引に割り込んできた。
4
更新情報

在宅ランチ問題でもう少しお待ちください

土曜日の朝に、こんにちわ。昨日で在宅勤務期間が終わりました。明後日から従来通りの生活に戻れる自信がありません。局長です。 ─── さて、本日の『熊猫犬日記』の更新は、週末恒例で午後までお待ちを。 それまでの間は...
2
ドッグラン

再会、同級生

コロナ前最後のお出掛けとして行き付けのドッグラン『チビクロハウス』に行ったところ、ここのスタッフである同級生女史と再会。そのときポメラニアン真熊は・・・
4
にいな

猫も時には背中を押してあげるべきか!? 【動画あり】

大好きな箱を目の前にして、なぜか中に入ることを躊躇している石像猫にいな。何か決心がつかない理由があるのであれば、そっと背中を押してあげるのが親の役目である。
5
ドッグラン

モノトーン・コミュニケーション

真っ黒いポメラニアンに、グレーのトイプードルがマンツーマン・ディフェンスを仕掛けるモノトーンの攻防戦。色彩のない世界が展開される。
4
ドッグラン

ボーダーコリーの群れによるポメラニアン包囲網

ドッグランで2匹のボーダーコリーに興味をもたれてしまったポメラニアン真熊だったが、気が付くと更に2匹が増え、計4匹のボーダーコリーに包囲されてしまった。
5
ドッグラン

コロナ前、最後のお出掛け

まだ緊急事態宣言が発せられる前の3/22、そろそろ外出自粛令が発令されるぞと予想した我々は、ポメラニアン真熊を“最後のお出掛け”に連れ出すべく、ある場所へと向かった。
5
日常

グルメと腑抜け猫と黒ポメラニアン 【二部構成】

自粛生活を少しでも豊かにするためのグルメ。それと、自粛生活で太ってしまわないための筋トレ。これらを二部構成にてレポートをお送りします。大した内容じゃないけど。
4
寿喜

空気の読めなさ加速中

我が家の天然猫・寿喜は、そもそも空気を読めない存在だったが、最近ではそれがさらに加速している。相手がどんな状況でも、自分のペースのみで生きている迷惑ぶり。
4
更新情報

テイクアウトでもう少しお待ちください

コロナ禍で苦境が続く飲食店業界。俺の知人が営む居酒屋もテイクアウトで頑張っていると聞いたので、さっそく買いに行ってみた。海鮮丼の刺身ボリュームが半端なかった。
3
マンガ風日記

石像猫の別の顔 【マンガ風】

ピクリとも動かない石像猫のにいなだが、実は俺の知らないもう一つの顔があるという。嫁女房にだけ見せる感情的な一面。その真相は不明。
8
日常

犬猫たちの緊張感ON/OFF

警戒心ゼロの堕落した天然猫・寿喜を中心に、ゆるい生活を送るポメラニアン真熊と保護猫たちだが、晩ごはんの時間になると少しだけ緊張感に包まれる我が家の不思議。
5
嫁女房日記

ニャンズとピーちゃん 【嫁女房日記】

ずいぶん前に庭に設置した鳥の餌皿だが、一向に鳥が来ることはなかった。そこで皿に入れるものを鳥餌から“ある物”に替えてみると、驚くほど鳥がやって来るように・・・・
19
日常

犬猫たちの相性

11年間、毎日ゝ性懲りもなく小競り合いを繰り返す石像猫と天然猫の義兄弟。どうしてこうも相性が悪いものか。ちなみにポメラニアン真熊は2匹と上手くやれるものの、メス猫の稚葉は苦手としている。
5
タイトルとURLをコピーしました