2024-02

真熊

「記憶の蓋」の症状|ポメラニアン真熊の一周忌【後編】

最愛のポメラニアン真熊が俺の手をすり抜けて虹の橋を渡ってしまってから一年が経過した。この一年間の俺は少し変わったペットロスの症状に悩まされてきた。
4
稚葉

“撫でてくれる機械”扱い?

昨年末から急接近しているツンデレ三毛猫の稚葉と小倅。苦手意識が突然吹き飛んだかのような変わり身の稚葉だが、ひょっとすると小倅のことを上手く利用しているだけなのかもしれない。
2
寿喜

天然猫と二歳児によるジグソーパズル攻防戦 ~第3節

以前にも似たようなことを綴ったが、ジグソーパズルに夢中の小倅に、またも思いもよらない正気の沙汰ではないような妨害が。パズルを完成させるためにグダグダの攻防が始まった。
4
スポンサーリンク
子供

想定外のイヤイヤ期“2ndシーズン”

最近、小倅に「イヤイヤ期」が始まった。「前にもそんなこと言ってなかった?」と思ったアナタ、その記憶は正しい。一体、小倅に何が起きているのか・・・・
2
寿喜

子守りスタート時期を検討中の猫兄

「専属ベビーシッター」として、小童の“子守り”開始時期を検討中なのだろうか。最近の寿喜には新たなルーティーンができている。想像以上に早くから子守りをスタートする気か?
3
真熊

ポメラニアン真熊の一周忌【前編】

最愛のポメラニアン真熊が俺の元から消えて、今日で一年となった。この一年間は早かったのか遅かったのか。真熊との日々はどんな時間だったのか。振り返えろうにも、そこにはちょっとした障壁が・・・・
4
子供

アンパンマンミュージアムと道中の地獄

“小童”が産まれてから、望まぬままに“お兄ちゃん業”を頑張っている小倅へのご褒美として、とある施設へと連れて行ってあげた。だが、その道中で地獄を見せられることに・・・・
2
嫁女房日記

ペットロスの中で迎える誕生日【嫁女房日記】

早いもので志熊くんが逝って1ヶ月が過ぎましたが、その悲しみの中でお義父さん(親父)の81歳の誕生日がありました。どのようにお祝いすべきか悩んだ末、計画を練ったのですが・・・・
3
真熊の子供

骨になった志熊と親父の悲しみ|志熊の急逝 ~Vol.4

ポメラニアン志熊の急逝についての詳細の続編。志熊の死から二日後の13日(土)、出張火葬にてお空へ上げた。その後、この二日間で感じていた親父への“違和感”がようやく理解できた
6
寿喜

ネズミを使った誘いにも乗らない猫兄の鉄の意志

再び「従来の時系列に沿ったお話」を。仮住まいでの“定位置”で熟睡する寿喜だったが、悪魔のような存在から執拗に遊びに誘われる羽目に。そのとき寿喜が取った行動とは・・・・
2
稚葉

急接近するもすれ違う2匹

それまでの苦手意識や拒絶ぶりが嘘だったかのように、昨年末から急接近しているツンデレ三毛猫の稚葉と小倅。最近も当たり前のように一緒にいるが、互いの思惑はすれ違うことが多く・・・・
2
更新情報

起こしていたのに一緒に寝落ちのお約束

本日はのっぴきならない事情により“プチ更新”にて。週末の朝、起きたはいいが二度寝してしまった俺を必死に起こそうと躍起になっていた小倅だが、その後はお約束の展開に・・・・
3
寿喜

子守りに向けた“視察”?

生後2ヶ月が経過し、少しずつ人間らしくなってきた“小童”だが、我が家の「専属ベビーシッター」もその成長には少なからず興味をもっているようで、“視察”らしい行動を開始した。
2
真熊の子供

さよなら志熊|ポメラニアン志熊の急逝 ~Vol.3

ポメラニアン志熊の急逝についての詳細の続編。志熊をお空へ上げる予定の13日(土)、俺は朝から親父宅へと向かった。出張火葬の業者も到着し、いよいよ志熊をお空へ上げることに・・・・
5
寿喜

くつろぎスポットがモロかぶりの2匹

再び「従来の時系列に沿ったお話」を。仮住まいに引っ越して2ヶ月が経過していたが、未だ落ち着かないらしい寿喜は図らずも堂々としている小倅と一緒に過ごす時間が増えていた。
2
スポンサーリンク