2021-06

日常

鰤(ぶり)騒動の思い出

かれこれ半年も前の昨年末のお話。鰤(ぶり)を食べようと焼くと、その匂いをキャッチした動物たちが大集合してしまった。病に伏す一ヶ月前の元気だった石像猫にいなも・・・・
5
子供

嫁女房の出産物語

ペットブログとはかけ離れた内容になってしまうが、嫁女房が小倅を産んだ日のレポートを。“出産あるある”かもしれないが、アクシデントつづきであった。
7
にいな

石像猫にいなの送り出し【前編】

石像猫にいなが15歳10ヶ月の生涯を閉じた翌日、“送り出す”ための準備を粛々と進めていた俺と嫁女房。しかし動物たちのリアクションは相変わらずで・・・・
6
スポンサーリンク
闘病日記

真熊の定期検査の結果報告

昨日は真熊の定期検査だった。ここ二週間はかなり好調だったが、果たしてその数値は。ちなみに今回もワケあって寿喜も一緒に通院していた。
6
日常

真熊への“やっかみ”

肝臓の数値が悪化したことにより投薬生活へ逆戻りとなった真熊だが、そのせいで猫たちからまさかの“やっかみ”を食らうことになってしまった。
7
更新情報

ぶっかけうどんでもう少しお待ちください

なぜか突然“あるもの”が無性に食べたくなってしまう瞬間ってありますよね。それが起きてしまった先週末。いても立ってもいられなくなってしまった俺は・・・・
1
真熊お出掛け

安眠妨害、再び|視線のみの“おねだり”テクニック【後編】

昨年12月のお話。嫁女房の実家に遊びに行き、義父に構ってもらい十分に満足して眠りに就こうとしていた真熊だったが、そこへ新たな刺客が・・・・
4
寿喜

嫁女房争奪戦 2021

嫁女房の“膝の上”に猫が乗っているというマンネリ化した内容と思いきや、実は寿喜の戦う相手が違っていたりする新シリーズ。寿喜も実は苦労しているのだ。
6
真熊お出掛け

視線のみの“おねだり”テクニック【前編】

半年前の昨年12月のお話。嫁女房の実家に遊びに行った真熊は、大好きな義父のもとで新手の“おねだり”テクニックを繰り出すのであった。
7
にいな

石像猫にいなの最後の置き土産

臨月入りを目前に控え、「陣痛バッグ」や「入院バッグ」を準備していた嫁女房。そこへ石像猫にいなが寄ってきて監視を始めたのだが、次の瞬間・・・・
5
真熊

夕暮れポメラニアン 2021

2ヶ月ほど前の4月中旬のお話。在宅勤務が多かったので、まだ陽が落ちる前の夕暮れ時に真熊の散歩に繰り出していたのだが、そこで俺が行っていたことは・・・・
6
闘病日記

動物たちのお別れ作法|石像猫にいなの最期 <Vol.7・最終章>

2月3日(水)、ついに虹の橋を渡ってしまった石像猫にいなだが、寿喜と稚葉、そして真熊までがこの日は朝から死去後に至っても、理解し難い行動を見せていた。
10
子供

嫁女房派の共通点|コロナ禍での妊婦生活⑨

臨月に入り、さらにお腹の大きくなった嫁女房だが、それでも膝の上には嫁女房派の猫たちが。その普段は仲の悪い二匹だが、思わぬ共通点があることが発覚した。
6
稚葉

肩乗り猫でもう少しお待ちください

シレっとシリーズ化してしまっている「肩乗り猫」の姿で、午後の本更新までお待ちを。最近ではすっかり「化け猫」から「甘え猫」にシフトチェンジしているように見える三毛猫の稚葉。
1
子供

水通しの儀式|1月16日のとあるミッション【後編】

悪夢の1月18日の二日前。これから産まれてくる我が子が着る肌着やパジャマを事前に洗濯しておく「水通しの儀式」が嫁女房の実家で行われていた。
4
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました