寿喜

寿喜

天然猫と二歳児によるジグソーパズル攻防戦 ~第3節

以前にも似たようなことを綴ったが、ジグソーパズルに夢中の小倅に、またも思いもよらない正気の沙汰ではないような妨害が。パズルを完成させるためにグダグダの攻防が始まった。
4
寿喜

子守りスタート時期を検討中の猫兄

「専属ベビーシッター」として、小童の“子守り”開始時期を検討中なのだろうか。最近の寿喜には新たなルーティーンができている。想像以上に早くから子守りをスタートする気か?
3
寿喜

ネズミを使った誘いにも乗らない猫兄の鉄の意志

再び「従来の時系列に沿ったお話」を。仮住まいでの“定位置”で熟睡する寿喜だったが、悪魔のような存在から執拗に遊びに誘われる羽目に。そのとき寿喜が取った行動とは・・・・
2
スポンサーリンク
寿喜

子守りに向けた“視察”?

生後2ヶ月が経過し、少しずつ人間らしくなってきた“小童”だが、我が家の「専属ベビーシッター」もその成長には少なからず興味をもっているようで、“視察”らしい行動を開始した。
2
寿喜

くつろぎスポットがモロかぶりの2匹

再び「従来の時系列に沿ったお話」を。仮住まいに引っ越して2ヶ月が経過していたが、未だ落ち着かないらしい寿喜は図らずも堂々としている小倅と一緒に過ごす時間が増えていた。
2
寿喜

知らないうちに“名前貸し”させられている猫

日頃から小倅の子守りや遊び相手に尽力いただいている寿喜だが、実は裏方でも多大な協力を我々にしてくれている。いや、自分でも知らないうちに「させられている」という表現が正しいか・・・・
3
寿喜

二歳児と猫兄のコミュニケーション方法|子守り記念日【後編】

寿喜が小倅の子守りをするようになってから丸2年間が経過した。最近では子守りから「一緒に遊ぶ」という関係性に進化した2匹だが、そのコミュニケーション手法はちょっと独特で・・・
4
寿喜

クリスマスツリーをめぐるリスクが倍増【後編】

小倅のためにクリスマスツリーを設置したことで、突如降って湧いた我が家の新たなリスク。なんとか撤去予定日を迎えたのだが、まさかのギリギリでリスクが倍増する結果に・・・・
2
寿喜

1月30日は子守り記念日【前編】

世間的にはなんでもない日である本日 1月30日は、我が家では大切な節目の日。2年前に突如として始まったルーティーンに、改めて感謝するばかり。この関係がずっと続きますように。
2
寿喜

クリスマスツリー落下のリスクを防ぐ二歳児【中編】

クリスマスツリーを設置したところ、寿喜が異常に興味を示し始めたことで新たなリスクが発生してしまったが、まさかの“弟”の活躍により一件落着する展開に・・・・
3
寿喜

クリスマスツリーが生み出す無用な緊張感【前編】

昨年11月末にクリスマスツリーを設置したときのお話。小倅のために準備したのだが、小倅以上に興味を示す想定外の存在が。おかげで余計なリスクをはらむことに・・・・
2
寿喜

病み上がりの猫にすら心配される嫁女房

クリスマスイブの朝、我が家の食卓で繰り広げられていたやり取りについて。未だ血圧が下がらない嫁女房のことを、自身も病み上がりながら心配する寿喜と、ただ単に別の“ある物”が気になる小倅・・・・
2
寿喜

天然猫の寿喜に危険な兆候

天然猫の寿喜の食欲不振に快方が見られない。これで土曜日の午後から何も食べていないことに。胃腸の動きを整える薬も効かなかったので、今日は病院で血液検査をすることに・・・・
7
寿喜

不調の猫兄を看病する二歳児

昨日から食欲がなくて調子が悪い寿喜を、“弟”の小倅が看病するというほのぼのとした光景が朝から広がる我が家。昨日は自分が不調だった小倅だが、見事に完全復活して兄の看病に勤しんでいる。
3
寿喜

万全だった猫兄による育児ヘルプ

嫁女房の緊急入院と出産により8日間も「ママのいない生活」を強いられた小倅だったが、実際のところは俺のワンオペ育児ではなく、もう一人(匹)の協力体制により「ツーオペ」で乗り切っていた。
2
スポンサーリンク