式場選び奮闘記

4連休二日目の昼下がりに、こんにちわ。

“連休あるある”といいますか、昼夜逆転っぽくなってしまいますよね。それもあってお昼近くまで熟睡してしまった局長です。

─── さて、先日綴った記事に対するアンサー的なお話。

ポメラニアン真熊

昨年、散々綴っていた「仕事以外で繁忙状態」という時期に、実はビジネススクールへの通学と同時に結婚式なんぞを挙げていた俺。

ポメラニアン真熊

写真に写り込んでいたポメラニアン真熊に驚いた人もいたようだが、その辺りについて(まったく必要ないとは思うが)少しばかり掘り下げてみよう。

昨今の結婚式場事情なんかも含めて。

チャペルにはそれぞれ「テーマ」がある

花嫁さんにとっては、チャペルの雰囲気が大きな選択要因になるだろう。

それもあって、各式場ともにチャペルはそれぞれの「テーマ」の元、内装から導線までが構築されていた。

ここは「ジブリ」っぽい雰囲気。
森の中にあるチャペルをイメージしているらしく、ガラス張りのサンルーム状の作りだった。

ここは十字架を光で作り出したり、参列者の席を斜めにして中央に視線を集めたりといったギミックが施されていた。

本場ヨーロッパで取り壊されることになった協会から、外壁や内装をそのまま移築した本格的なチャペルも。

この壁画、サイゼリヤみたいですね」とスタッフさんに言ったら、食い気味に「やめてください!」と言われた。

料理はどこも美味しくて“ハズレ”はないでしょう

結婚式場でもレストランウェディングでも、どこもハイスペックのシェフを雇っているので、そうそう“ハズレ”はないでしょう。

違うのはメニュー構成や、メニューの選択方法。

自由度がある式場、まったくない式場、リクエストによるオリジナルメニューにも対応している式場など、特徴は様々だった。

やたら“お米”にこだわる式場も。
試食会が、白米とそれに合わせる小鉢のみだった。

スイーツも、ビュッフェ方式だったり、そうでなかったりと様々だが、そもそも甘いものがあまり得意でない俺には味の違いがよく分からなかった・・・・

でも、とあるビュッフェ形式の式場が片っ端から試食させてくれたときは、嫁女房は半狂乱になっていた。

ただ一つ、俺の心を鷲づかみにされた式場が ───

メインにはどこも肉料理が基本になるが、この式場が食べさせてくれた「上州牛のステーキ」が、46年間の人生(当時)で食べてきたあらゆる肉料理の中で、もっとも美味しかったのだ。

この肉を枕にして眠りたい」と思ったほどだった。

式場全体の規模や雰囲気はそれぞれ大きく異なる

大きな式場から、その時間帯、もしくはその日一日が完全貸切になる小規模な式場まで、個性は様々で良し悪しもそれぞれ。

大掛かりな庭園がある式場なんかは、ゲストも楽しめそうで魅力的だった。

100年以上前の豪邸をそのまま式場にしているケースもあり、待っている時間も楽しめる小ネタが満載だった。

絶対的な選択条件は「犬同伴」の可否だった

ペット同伴の可否は、当然だが式場ごとに大きく異なる。

チャペルまではOKの式場、逆に神聖なチャペルは絶対NGの式場、飲食を伴う披露宴会場は絶対NGの式場、専用ドッグランがあって、そこに預けっきりとなる式場・・・・などなど。

ただ一つ、チャペルだろうが披露宴会場だろうが、どこであろうと果てしなくOKという式場があった。
それどころか、入社条件に「犬好きかどうか」という項目があるという。

事前のアンケートで愛犬の名前と犬種を書かされたのだが、当日にはこんな準備がされていたり・・・・

ま と め

ポメラニアン真熊

基本的には嫁女房の希望にすべて任せていたのだが、一つだけ俺が提示した絶対条件が「真熊も同伴できること」だった。

それを実現してくれる式場が二つほどあり、それぞれに良さもあり、本当に悩んだ。
マトリクス評価表まで作って考えたほどだった。

ポメラニアン真熊

「・・・で、結果はどうだったの?」という疑問は、後日綴るであろう“本編”で。

つづく・・・・

ランキングに参加しています

更新の励みに一日1クリックずつお願い♥

にほんブログ村
式場選びの絶対条件となっていた真熊にクリックを。
人気ブログランキング
実は主役級の参加となっていた事実にも二発目を。

今日の一言

天候に比例するかのようにアクセス等がガタ落ちしそうですが、結婚式に主役級の参加をした真熊に変わらぬ応援を。

「熊猫犬日記」公式SNS

“非公式”なんて見たことないけど・・・・

公式Instagram

公式Facebook

コメント

  1. ラブママ より:

    今どきの結婚式にはいろいろなパターンがありますね。
    わたくしの頃には、ペット同伴なんて考えられなかったです。
    いえいえ、もう大昔の話ですから。
    こんなに選択肢が多いと、逆に迷ってしまいそうです。

    それにしても局長、本当に幸せそうな表情ですね。
    まぐちゃんのネームプレートも可愛い💕

    いろいろと、とても参考になりした。
    今後の人生に活かせればと思います( ̄▽ ̄)

  2. クッキー&ちゃちゃ より:

    > 「この壁画、サイゼリヤみたいですね」とスタッフさんに言ったら

    例の高級イタリアンですね、局長さん御用達の。

    今どきの結婚式場って様々なんですね〜〜どれも素敵です。
    料理も本当に美味しそうですね。
    いいなぁ、けどこれは迷いますね😅

    犬、完全OKって条件がなかったらもうこれ選べないですね。
    マトリクス評価表を作成しってのにも笑 いやはや式場からこんなに選択肢があるとこれは大変だ💦
    まぁ、楽しい大変だから嬉しい悲鳴でしょうか❤️

    お二人とまぐちゃんの写真、とっても素敵です💓
    まぐちゃんもきっと喜んでますね‼️
    続き楽しみです!

  3. とりっこ より:

    どのお写真を見ても嫁女房さん本当にお綺麗です!!
    もう写真を見ただけで素敵な結婚式だったんだろうなぁと想像できちゃいます^^

    まぐちゃんが同伴が絶対条件の中、実現してくれる式場が2つもあるとは…さすが都会です(笑)

    きっと素敵な式場が沢山あった中でベストな選択が出来たのではないでしょうか(^-^)

    実は私事ながら私も2年前に式を上げたばかりでして…式場選びもその後の準備も大変だったことがつい昨日の事のように思い出されます(;∀;)
    大変ですよね、準備……(笑)

    でも大変だった分思い出に残る式になりますよね^^
    本編が楽しみです(*´ω`*)

  4. つばめ11号 より:

    こんなにいろいろなチャペルがあるんですね。
    どれもオシャレで目移りしそうです。
    私はかなりたくさんの披露宴に呼んでもらったのですが
    少し前だったからかチャペルでって人は少なかったです。
    ましてや犬OKというのは聞いたこともなかったです。

    大切なマグちゃんが参加できて本当によかったですね。
    もしかしたらお二人を引き合わせたのもマグちゃんでしょうか?
    名前と犬種だけでマグちゃんそっくりのカードが作られてるのには
    ちょっと感動しました。
    後日の本編も楽しみに待ってます。

  5. もんちゃん より:

    ペットウェルカムという魅力的な式場があるんですね!!( ゚∀゚)
    局長さんの絶対条件がまぐちゃんも参列すること、というのがグッときますね。
    続き楽しみです☆☆

    嫁女房さん、後光がさしてますね!
    出来れば嫁女房さんが余裕あるときに嫁女房さんverの結婚式のお話も聞きたいです♪
    ドレスのお話とか…(*^^*)

  6. メダカとトクサ より:

    ブログを毎日綴りながら、結婚式の準備にビジネススクール。
    おつかれさまでした。

    ずいぶんいろいろな式場を見学されたようですね。
    まぐちゃん出席が絶対条件だったので、それだけでずいぶん絞れたのではないでしょうか。

    でもそこからも迷うのが人間ですよね。結婚式ならなおさら。

    今はいろいろな素敵な式場があるのですね。勉強になります。

タイトルとURLをコピーしました