真熊と猫の健康状態 ~3匹の保護猫たちの現在地 【後編】

スポンサーリンク

木曜日の朝に、こんにちわ。

今日は広島に原爆が投下されて75年という節目ですね。「50年」という節目のときを覚えているが、さらに四半世紀も過ぎたとは・・・・ 局長です。

─── さて、一昨日からのつづきで、動物たちの現在地シリーズ。

ポメラニアン真熊

当『熊猫犬日記』を11年間も綴っている間に着実に歳を重ねていた動物たちは、いつの間にかシニア層となり、体のあちこちに不具合を抱えるようになっていた。

ポメラニアン真熊

そのため、春先に実施した血液検査以降、投薬や食事療法を一定期間つづけては再検査して回復具合の確認── というフローを二週間おきくらいのペースで繰り返している。

石像猫にいな

腎不全が発覚した石像猫にいなは、異常を示していた数値は概ね改善したものの、一度壊れた腎臓は決して完治はしないことに加え、15歳という年齢も鑑み、今後も投薬はつづけていくことに。

稚葉

肝臓疾患が発覚したツンデレ猫の稚葉は、検査のたびに少しずつ改善はしているものの、元の数値が異常過ぎたこともあり、まだまだ通院が必要で前途多難といった状況。

投薬もさらに追加されたほどだった。

寿喜

天然猫の寿喜は、他の2匹よりは軽い“予備軍”というレベルだったが、数値もさらに改善。
元から投薬はないものの、食事療法は継続していくことに。

稚葉

ということで7月末現在での動物たちの状況は以下のとおり ───

真熊
  • 腎不全“予備軍”は食事療法を継続。
  • 気管虚脱は投薬を継続。
  • 狂犬病の予防接種、混合ワクチン接種、共に完了。
にいな
  • 腎不全は食事療法・投薬を継続。
  • 混合ワクチン接種完了。
寿喜
  • 腎不全“予備軍”は食事療法を継続。
  • マイボーム腺機能不全は点眼を継続。
  • 混合ワクチン接種完了。
稚葉
  • 肝臓疾患は改善途中につき、引きつづき2週間おきの再検査。
  • 食事療法・投薬も継続。
  • 混合ワクチンは接種できず。
稚葉

稚葉だけは、もうしばらく二週間おきの通院がつづきそうだ。
にいなも、当面は一ヶ月おきの通院。

結果、猫たちは3匹とも食事療法ありきの、にいなと稚葉はプラス投薬という状況だが、この療法用の指定フードがまぁ高い。

amazonの最安値でまとめ買いしても、一ヶ月あたり3匹分で20,000円も掛かる。

ポメラニアン真熊

俺よりもエンゲル係数が高いじゃないか。

ちなみに真熊も、まったく同じ種類フードの“犬版”による食事療法がつづくため、さらに俺の懐は痛めつけられているのだった・・・・

ランキングに参加しています

更新の励みに一日1クリックずつお願い♥

にほんブログ村
腎不全と一生付き合っていく石像猫に応援クリックを。
人気ブログランキング
「予備軍」だけど食事療法中の寿喜にも二発目を。

今日の一言

原爆の記憶が風化しないよう、毎年ちゃんとこの事実に目を向けなければと思う8月6日。

「熊猫犬日記」公式SNS

“非公式”なんて見たことないけど・・・・

公式Instagram

公式Facebook

コメント

  1. ラブママ より:

    4匹分の療法食や薬代、本当にばかになりませんね。
    そのほかにも診察代やら予防接種代やら・・・。
    でもそのおかげでみんな元気に暮らせて、
    きっと感謝しているに違いありません、多分。

    でもきっとみんなが一番感謝しているのは、
    嫁女房ちゃんを迎えたことだと思います( ´艸`)

    クちゃさま
    昨日になって、ようやく一昨日のクちゃさまの
    コメを読みました。
    クッキーちゃんもちゃちゃちゃんもそれぞれに心配ですね。
    毎日の通院はこの暑さの中、本当に大変だと思います。
    どうぞお大事にしてくださいね。

  2. クッキー&ちゃちゃ より:

    療養食って高いんですよね…
    うちは2匹だけど、それなりにかかってます^^;
    病院で買うともっと高くて…
    が、これも愛犬の為と頑張ります!

    ことちゃんが1番体調が良さそうですが点眼が必要なのは大変そう。大人しく点眼させてくれますか?
    寝てる時にするのかな?

    わかばちゃんの予防接種は暴れて出来なかったのかな?
    いやはや、人間同様いろいろ出てきていろいろ(懐含めて)大変ですよね😅

    ラブママさん
    ありがとうございます!
    今日も注射してきました。
    ちゃちゃも頑張ってます!
    クッキーも薬、頑張って飲んでます!
    まだまだ元気でいてもらわないと…

  3. つばめ11号 より:

    薬はバカ高いですよね。
    1匹だけなのに最後の1年は毎月2万5千円ほどかかってました。
    でもそれでこの子が元気に過ごしてくれるならいいかって。
    療法食も高いですよね。
    でも、自分が1回飲みに行くより安いって思ってました。
    マグちゃん達、手厚いケアしてもらえて幸せです。

    それぞれの症状に合わせて食事を準備しなきゃいけなくて大変そうですね。
    種類も量もあるしお薬も飲ませなきゃいけないし。
    嫁女房さんがいてくれて本当に良かった、と他人事ながらホッとしてます。

  4. メダカとトクサ より:

    実家にいたわんこは、小さい頃からかかった獣医さんが手づくり食推奨派だったので、母がいつも小さな鍋で味をつけずに別に作っていましたが、肉中心なので食費が月二万円かかっていたそうです。

    二万円なんて気にならないくらい家族の一員でしたが、動物を飼うときにはお金の問題は忘れてはいけないことですよね。生涯面倒をみるのですから。

    みんなお薬は素直に飲んでくれるのかしら?
    今は味をごまかすお助け製品もありますが、腎臓や肝臓だと使えないこともありそうです。

    皆、数値が改善しているのは良かったです。

    わかちゃんはやはり長い野良猫生活が影響しているのでしょうか。
    にいなくんと仲が良さそうな写真、良いですね。最近にいなくんの席を奪っているエピが多いので心配しています。

  5. とりっこ より:

    通院だけでも大変だけどさらに4匹全員の食事療法まで…
    毎日大変ですね、ご苦労さまです。

    でも今やっている事で少しでも長生きしてもらえるのであれば…と思い、一生懸命になりますね^^
    お金はとても大事だけど今までずっと一緒に過ごした家族は大事ですからね!

    大切な家族のためにもこれからも食事療法や通院頑張ってください!!

タイトルとURLをコピーしました