腎臓病

闘病日記

オムツ生活が早々に終了|1月18日(水)~27日(金)

真熊の“最後の戦い”の「記録」。排泄の回数増加やスパンの乱れにより、オムツを着用することになった真熊だが、その対策は早々に終わることに。また新たな問題が始まったのだ。
0
闘病日記

無念のオムツ着用|1月14日(土)~17日(火)

真熊の“最後の戦い”の「記録」。引っ越し作業が終わってからは、とくに排泄スパンの乱れが目立つようになり、回数を増やすなどの対策をしていたのだが、やむを得ず最終手段に出ることに。
4
闘病日記

排泄スパンの乱れ|1月10日(火)~13日(金)

真熊の“最後の戦い”の「記録」。仮住まいに引っ越して来てから、食欲は旺盛だったものの少しずつ現れてきたいろいろな違和感。まずは排泄に関する異変が起こり始めた。
4
スポンサーリンク
闘病日記

始まっていた慢性腎臓病の悪化|1月7日(土)~9日(月)

真熊の“最後の戦い”の「記録」。年が明けてからも引っ越し作業に忙殺されている我々のケアが浅かったばかりに、真熊の慢性腎臓病は着実に悪化していたらしい。
6
闘病日記

甲状腺機能の低下がカモフラージュに|真熊の異変【後編】

真熊の“最後の戦い”をしっかり「記録」として残すための振り返り続編。12月に入ってから様々な不調が現れたが、タイミング悪いことに引っ越し作業と時期が重なるわ、甲状腺機能の低下が判明するわ・・・・
4
闘病日記

不調の現れと見落としたサイン|真熊の異変【中編】

真熊の“最後の戦い”をしっかり「記録」として残すための振り返り続編。11月までは好調だったのに、12月に入ってから急激にあれこれと不調が現れるように。それらのサインを拾い切れなかった・・・・
5
闘病日記

癌と寂しさとの闘い|寿喜の定期検査の結果

3月1日に決行した猫2匹の血液検査レポート。まずは寿喜編。真熊の看病であまりケアしてあげられていなかったが、尿毒症による緊急入院から3ヶ月強が経過した今回の結果は果たして・・・・
5
闘病日記

腎臓の急激な悪化までの分岐点|真熊の異変【前編】

真熊の“最後の戦い”をしっかり「記録」として残すために、今日からちゃんと向き合うことに。まずは体調と腎臓の数値が悪化した“分岐点”はどこだったのかを振り返ってみた。
3
真熊

ご報告

2月16日にアップした真熊の余命宣告の報告以来、連日たくさんの応援コメントや元気玉をありがとうございます。本日はその件で大切なご報告があります。
144
闘病日記

「余命1週間」が経過・・・|余命宣告7日目

「余命1週間」を宣告された真熊の7日目。つまり1週間が経過したということだが、これで無事に生き延びたというわけではなく、病魔は着実に真熊の体を蝕んでいる様子が見られる・・・・
61
闘病日記

不運が重なった一週間|余命宣告6日目

「余命1週間」を宣告された真熊の6日目。その宣告のあった先週は、神懸かり的にいろいろな不運が重なり、真熊の看病に専念できない状況だった。いろいろタイミングが悪すぎる・・・・
35
闘病日記

虹の橋を渡るのは今じゃない|余命宣告5日目

「余命1週間」を宣告された真熊の5日目。この日も病院で点滴を受けたが、その後は大事な打ち合わせの場に同席した真熊。家に置いて行けなかったのだが、俺にとっては幸せな時間だった。
34
闘病日記

地元の匂い|余命宣告4日目

「余命1週間」を宣告された真熊の4日目。日々の介護の中で、真熊の気持ちを切らさないための重要なルーティーンがある。その間だけは、病を感じさせない動きを見せてくれる真熊。
33
闘病日記

失われゆく腎臓の機能|余命宣告3日目

「余命1週間」を宣告された真熊の3日目。この日も病院へ点滴に通い、少しだけごはんを食べて一日を頑張って乗り切ってくれた。余命宣告までの経緯を簡単にまとめてみた。
40
闘病日記

喫緊の治療方法|余命宣告2日目

「余命1週間」を宣告された真熊の2日目。休診日だけど点滴のために特別に通院させてもらったり、皆さまのコメントに励まされながら、1週間のうちの2日目を無事に乗り切った。
42
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました