面倒見のいい猫

日常

「プラレール」が我が家の中心に?

つい先日、友人から大量にもらった「プラレール」が、図らずも我が家の中心的な存在になりつつある。家庭がプラレールを中心に回っているような、実におかしな状況に・・・・
2
寿喜

猫兄の子守り失敗?

先日の「プラレール」騒動の裏ではもう一つのドラマ(?)が生まれていた。ついに小童に対する“子守り”を本格スタートした寿喜だったが、思いがけない理由で出鼻をくじかれる格好に・・・・
2
寿喜

仲良し兄弟による癒しの光景

いつでも安定感のある寿喜と小倅による仲良し兄弟ぶり。子守りから始まった2匹の関係も、今では対等な兄弟のような落ち着いた仲に。いつまでも続いてほしいなと思う毎日・・・・
2
スポンサーリンク
日常

猫たちによる“取り合い”勃発?

最近、小倅の足元には異なる2匹の猫が交互に現れるという不思議な現象が起きているのだが、俺はそこへ“ある仮説”を立ててみた。それが本当なら数年前には予想だにしなかった展開だ・・・・
3
寿喜

ついに子守りスタート?

生後5ヶ月が過ぎた小童に対し、小倅が子守り開始のタイミングをうかがっている様子を何度か綴ってきたが、いよいよ正式スタートが切られたのかもしれない。小倅のときと同じシーンが見られた。
2
寿喜

抑えきれない兄の性分

生後5ヶ月が過ぎ、動きや表情が活発化してきている小童。おかげで小童から目が離せなくなっている嫁女房だが、実は他にも気が気じゃない思いでいるヤツが。世話焼きの性分が抑えられず・・・・
3
寿喜

ちゃんと役立つ“猫の手”

世間で言うところの「猫の手も借りたい」という比喩はネガティブな意味合いだが、我が家の「猫の手」は普通に役に立つ。できないことも多いが、ある方面ではスペシャリスト級なのだ。
2
寿喜

安定感のある兄弟のコミュニケーション

稚葉と小倅の距離が急接近しているが、一方でこのペアには長年の絆があり、独自のコミュニケーション手法も確立されているせいか、見ていて安心感や安定感が違い過ぎるのだった。
2
寿喜

最近の我が家でデフォルト化したスタイル

最近の我が家でデフォルト化しつつある新しい生活スタイルがある。小倅の成長に伴う変化なのだろうが、俺としては見ているだけで微笑ましい光景なのだった。
3
子供

小童の生後4ヶ月

4月6日で無事に生後4ヶ月を迎えた小童。早産だったが体重も順調に増えているが、その“子守り”をいつから開始すべきか様子をうかがっている猫が今なおスタンバイ中・・・・
2
子供

我が生涯に一片の悔い無し?

生後100日を超え、表情にもアクションにも少しずつ動きが見え始めた“小童”。最近では“ある行動”を繰り返すようになりつつも、二人の兄がそれを優しく見守ってくれている。
3
日常

我が家の夕食スタイル ~ 生首疑惑

やむにやまれぬ事情があり、少し前までは毎日一人で晩ごはんを食べていた小倅。そんな姿が不憫に写ったのか、最近では食事中に何も言わず常に隣に座ってくれるようになった優しい存在が・・・・
3
寿喜

朝からイラつく猫兄とマイペース過ぎる弟

最近の我が家で起きている「困った事象」について。しかも、それが二重に起きているため、なし崩し的に片方はうやむやにされてしまう展開に。一体何が起きているのか・・・・
3
寿喜

子守りに向けた“視察”?

生後2ヶ月が経過し、少しずつ人間らしくなってきた“小童”だが、我が家の「専属ベビーシッター」もその成長には少なからず興味をもっているようで、“視察”らしい行動を開始した。
2
寿喜

知らないうちに“名前貸し”させられている猫

日頃から小倅の子守りや遊び相手に尽力いただいている寿喜だが、実は裏方でも多大な協力を我々にしてくれている。いや、自分でも知らないうちに「させられている」という表現が正しいか・・・・
3
スポンサーリンク